7月5日に読む本は「私が見た未来」たつき諒

マンガ家たつき諒は、夢を日記として記録していた。夢の中には、未来での事柄とよく一致しているものもあった。

近所の防空壕跡、伯父の葬儀で行った田舎の風景、フレディマーキュリー(ロックバンドQUEENのボーカル)の死、ダイアナ妃の死、等。

1999年に出版された漫画では、2011年3月に大災害が起きる、と書かれていました。

東日本大震災が想起されますね。

著者が2021年7月5日に見た夢では、大きな災難が発生する、と予想されています。

2025年7月5日は

大災難が起きると予想されている日

2025年7月25日に大災難が起きる、という夢を見たそうです。東日本大震災よりも、さらに大きな津波が発生するらしいです。

もし、夢が本当に予知夢で現実になるなら、東日本大震災よりも大変な事態になるね。

2025年までは、まだ数年余裕がありますね。

「津波の被害の可能性が低い所に移住する」というのも一案かもしれません。

悪い事ばかりではありません。大災難の後は、ものすごく輝かしい未来になる、とも書かれていました。

大災難はあるかもしれないけど、希望も持てそうですね。

短い漫画で、オカルトっぽい話です。しかし、夢と、実際に起きたものとは、すごく似ていて、単なる偶然とは言いづらいですね。

果たして、2025年7月に大災難が起きるのか?は何ともいえません。とはいえ、日本は地震などの災害が多いですから、災害への備えをしておくのは重要でしょう。この本がきっかけで、防災・減災への意識が高まるのであれば、良いのではないでしょうか。

この記事を書いた人

ブックレコメンド編集部

ブックレコメンド編集部

雑談のネタ作りに役立つ、今日読む本を日替わりで紹介してまいります。

  • ブックマーク