1月9日に読む本はオトナの一休さん(NHKオトナの一休さん制作班)

1月9日は

一休さんの日

テレビアニメではとんちの一休さんが有名ですね。実際の一休さんは、どんな人だったのでしょうか。

いきなりウンチの逸話が出てきてびっくりしますが、思い込み・固定観念に縛られるな、という考えから。

印可状(免状)を批判しているのも、肩書にとらわれるな、という考えから。(印可状を発行するビジネスをしている僧もいたそうです。今でいう資格ビジネスでしょうか。)

弟子をとることはとったが、後を継がせるわけではない。『禅とは、教えるものでも、教わるものでもない。自らの心に問い続けるもの』という考えから。

一般的なお坊さんのイメージとは大きく異なる一休さん。一見するとハチャメチャですが、実はしっかり考えて行動していたのでしょう。

書籍の中には結構エロい部分もあります。

法要の夜に美女と戯れたり、老年期に50歳年下の恋人をもったり、性に奔放だったのには驚かされました。

この記事を書いた人

ブックレコメンド編集部

ブックレコメンド編集部

  • ブックマーク