読書ライター募集

ブックレコメンド(運営: 月70万PVホームページ制作会社「レスキューワーク株式会社」)では、寄稿者を募集しています。

書評の書き方の典型的な例は、以下のようになります。(次に読む本を紹介する、という形であれば、パターンは問いません。)

  • 本を1冊選ぶ(A)
  • 本Aの「書名」「著者名」「あらすじ」「自分の感想」を紹介する
  • 次に読む本として本Bを選ぶ
  • 本Bの「書名」「著者名」「あらすじ」「自分の感想」を紹介する
  • 本Aと本Bの繋がり、選定理由おすすめポイント、を書く

提案の例
本と本の繋がりがわかるような『あらすじをお書きください

本と本の繋がりは、寄稿の採用で最も重視するポイントです。

課題本

初めて寄稿される方は、課題本を必ず入れてください。(○の次に読む本は□、の○でも□のどちらでも可)
二回目以降の方は、課題本を入れなくても構いません。

6月・7月の課題本

ブックレコメンド報酬を最大一万円としたことを記念して、「一万円」を特集します。

なぜネギ1本が1万円で売れるのか? 清水寅 (著)

1万円から始められる ビットコインFX RYU (著)

予算1万円でつくる二足歩行ロボット 中村 俊幸 (著)

スキマ時間・1万円で始められる リスクをとらない起業術 黒坂 岳央

7月・8月の課題本

読書感想文にお勧めの名作を特集します。『光文社古典新訳文庫』と『100年後も読まれる名作シリーズ』の両方に収録されている作品を選びました。

小公女 フランシス・ホジソン・バーネット 土屋京子

100年後も読まれる名作(8) 小公女セーラ フランシス・ホジソン・バーネット 久美 沙織

若草物語 ルイザ・メイ・オルコット 麻生 九美 

100年後も読まれる名作(9) 若草物語 ルイザ・メイ・オルコット 越水 利江子

高慢と偏見 ジェーン・オースティン 小尾 芙佐

100年後も読まれる名作(10) リジーの結婚 プライドと偏見 ジェーン・オースティン 令丈 ヒロ子

オペラ座の怪人 ガストン・ルルー 平岡 敦

100年後も読まれる名作(12) オペラ座の怪人 ガストン・ルルー 藤木 稟


100年後も読まれる名作シリーズは、小学生向けです。ルビを振ってある他、読みやすい長さに調節されています。読書感想文の書き方も付いているので、夏休みの読書のおススメにもちょうど良いと思います。

100年後も読まれる名作シリーズを選んだ場合は、次に読む本も小学生に読みやすいものをお選びください。

8月・9月の課題本

還暦からの人生戦略 佐藤 優

日田夏物語 岩橋 秀喜

どうしても頑張れない人たち~ケーキの切れない非行少年たち2 宮口 幸治

家を買うときに「お金で損したくない人」が読む本 千日 太郎

「そろそろ、お酒やめようかな」と思ったときに読む本 垣渕 洋一

この5冊のうち、一万円贈呈課題本は「日田夏物語 岩橋 秀喜」となります。8月1日から9月30日の間に一万円贈呈課題本のレビューを投稿いただいた方から最大2名に一万円を贈呈します。

課題本は、月ごとに3~8冊程度あります。各課題本は2カ月有効です。

寄稿報酬

2021年5月から8月の報酬は下記のとおりです。※金額は消費税10%込みの金額を掲載しています。

  • 集計期間内の「いいね」数x30円
  • 2カ月毎に集計した「いいね」の多い記事上位5件
  • 1位の記事は最大10,000円まで(1位同点の場合は、それぞれ5,000円まで)。2位から5位は最大3,000円まで

『5月1日から6月30日まで』『7月1日から8月31日まで』を集計期間とします。2021年9月以降は変更の可能性があります。

※集計期間より前に投稿されたレビューも対象となります。→支払い済みの報酬より多い場合に差額分を支払います。

対象

  • 集計期間内に、課題本のレビューを1つ以上投稿いただいた方
  • 課題本のレビューを投稿いただくと、課題本でないレビューも報酬対象になります。

※不正にいいねを増やしたと編集部が判断した場合は報酬を支払わないことがあります。

不定期で一万円贈呈課題本が出ることがあります。一万円贈呈課題本の詳細はこちらをごらんください。

課題本の提案も受け付けていますので、お勧めしたい書籍がある方は提案くださいませ。→課題本の提案はこちらから。

Q
次に読む本は自由に選べますか?
A

絶版になっている書籍は不可です。
また古い本(出版または文庫化から3年程度以上)の場合は、古い本を紹介する理由がわかるようにお書きください。

Q
課題本を読みましたが、イマイチでした。レビューに応募できますか?
A

課題本がイマイチだと感じられた場合は、次に読む本で、補うように工夫してもらえればと思います。
例:ファクトフルネスの次に読む本 – データが重視されているが、データ自体の信頼性はどうなのか?→ 「次に読む本」をデータの信頼性を考える本にする

Q
寄稿記事の審査にはどのくらい時間がかかりますか?
A

審査の目安は2~4営業日程度です。月末は混み合います。
編集部にて審査し、記事下書き作成→寄稿者が下書き確認→公開、という手順になります。公開日は、標準では審査から1週間程度ですが、審査待ちの記事数によっては時間がかかることがあります。

広告