当サイトでは、アフィリエイト広告を利用しています

6月28日に読む本は「博士の愛した数式」小川洋子

ある整数を割り切る数を約数とよびます。例えば10なら、約数は1,2,5,10です。

ある整数の約数の合計が、もとの整数のちょうど2倍になる数があります。例えば、6は、約数が1,2,3,6で、合計は12となります。このような数を完全数と呼びます。(約数のうち、自分自身を除いた合計が、自分自身に等しくなる、とも定義できます。6の場合は、1,2,3の合計が6になる。)

完全数は、6、28、496、8128、33550336、と続きます。(無限にあるかどうか?は確定していないようです。)

6月28日は

6と28が完全数

「博士の愛した数式」を紹介します。第一回本屋大賞受賞作で、映画にもなりました。。

博士は、数学者だった。しかし交通事故にあい、記憶が80分しか持たなくなってしまった。今では義姉の家の離れに一人、暮らしている。

博士の家に、新しく家政婦としてやってきたのが、主人公の「私」。私はシングルマザーで、10歳になる息子がいる。

博士は、家政婦にあれこれと要求することはなかったが、自分の数学の探求を邪魔されるのは嫌った。私は、最初は勝手が違ってとまどっていたものの、少しずつ博士に慣れていく。そして、博士に整数の初歩を教えてもらうことになる。

友愛数(ある数Aの約数を合計すると、別の数Bになり、数Bの約数を合計するとAになる、という関係)の話から、物語が展開していきます。

「友愛」は、本全体のテーマとも合っていて、良いですね。

息子「ルート」

博士と私が話していて、あるとき、私の息子の話になった。私が「自分がここに来て働いている間、息子は一人ぼっちだ」というと、博士は「息子さんも連れてきなさい」と。

私が息子を連れていくと、博士は息子の頭の形から、「ルート」と呼ぶようになる。

息子さんに数学用語のルート(平方根)というニックネームを付けるのが、博士らしいですね。

ルートが博士の所に来るようになって、物語が一気に動き出しますね。

野球を見に行く

博士の記憶は交通事故の時で止まっている。江夏豊は阪神の投手だった。(実際の江夏は、広島に移籍→引退)江夏の背番号は28。完全数。

私は、博士とルートと3人で、野球を見に行くことにした。江夏は引退しているので見られないが、私とルートは、江夏は巨人戦に登板したから今日は出ないだろう、と博士に伝える。

博士もルートも楽しむことができた。

博士とルートが交流したこともあり、単なる家政婦、ではなくて、本当の家族みたいになりましたね。

一癖も二癖もある博士が、不器用だけど父親っぽく振舞おうとする一面がユーモラスに感じました。

1+2+3+4+5+6+7+8+9+10のような算数から、フェルマーの最終定理まで、数学(整数)の話題が随所に出てきます。

しかし、それだけではありません。

博士とルートとの交流、心温まるシーンがあります。数学に興味のある人はもちろん、数学に苦手意識のある人でも読みやすいです。本屋大賞に選ばれるのも納得です。

この記事を書いた人

ブックレコメンド編集部

ブックレコメンド編集部

雑談のネタ作りに役立つ、今日読む本を日替わりで紹介してまいります。

  • ブックマーク