本当の自由を手に入れるお金の大学 両@リベ大学長の次に読む本

あらすじ

本書は、youtubeやブログ等で積極的にお金に関する知識を配信している両さんの書いた「お金の教科書」いえる書籍です。両さんは豊かな人生を送るために、お金に関する力を5つに大別しています。「貯める力」「稼ぐ力」「増やす力」「守る力」「使う力」の5つ全てを培うことで、経済的に豊かな人生を送ることができると紹介されています。

それぞれの分野に特化した書籍はたくさんありますが、全てを体系的に解説している書籍は他になく、まさに「お金の教科書」です。イラストも交えつつ、先生と生徒といったスタンスの対話形式で書かれているので、とてもわかりやすいです。

hifumi
hifumi

「お金」に関する本はたくさんありますが、それぞれの分野に特化したものが多く、投資の本を読んだら、投資資金を貯めるための本を読む…といった形になってしまいますが、これ1冊読めばお金の悩みは解決します。

誰もが一度はぶつかるお金の悩みに具体的な対処法を交えて答えてくれる本です。

漠然としたお金の不安がなくなりました。

次に読む本

漫画 バビロン大富豪の教え 「お金」と「幸せ」を生み出す五つの黄金法則 ジョージ・S・クレイソン(著)・坂野旭(イラスト)・大橋弘祐(その他)

世界的ベストセラー「バビロンの大富豪」を漫画化した本書は、原典の内容をよりわかりやすく読むことができます。バビロンで発見された粘土板に描かれた資産を築くための「五つの黄金法則」を中心に、お金に対する向き合い方、豊かな人生を送る方法を教えてくれます。古代世界で最も裕福であったバビロンの人々の黄金法則とは…?お金だけでなく、「なぜ働くのか」ということにもひとつの回答を示してくれていると思います。色々な具体的事例を元に話が進むので、とても読みやすく単純に物語としても面白いです。

hifumi
hifumi

両さんがブログでもおすすめ書籍の1冊に挙げている本です。内容も「お金の大学」にかなり近いですが、より普遍的な考え方を教えてくれます。感覚的にはこちらが総論、お金の大学が各論といった位置付けに感じました。誰もが一度は悩む「お金」と「働くこと」に対して道を示してくれる本です。「お金」を怖がらず、誠実に向き合う勇気をくれました。

hifumi
hifumi

どちらも共通して豊かな充実した人生を送るために、現実社会で必要な「お金」について解説と助言をしてくれる本です。自分自身がお金に悩んでいるときに読んだところ、それまでの価値観や考え方を破壊し再構築されるような衝撃があった2冊を選びました。

年齢に関係なく需要のある内容となっていると思うので、多くの人に読んでもらいたいと思い選定しました。

お金について悩んでいる人や、これから社会に出る学生の方に是非読んでもらいたい2冊です。

この記事を書いた人

hifumi

子供2人育てながら隙間時間に出来る趣味を探して、読書にハマりました。月2〜4冊程度、子育て関係、ビジネス書、小説等色々なジャンルを読んでます。

  • ブックマーク

この記事を応援する

1日550円(消費税込)で、この記事をトップページで掲載し、目立たせることができます。広告費の一部は、レコメンド記事執筆報酬に割り当てられます。