『星の子』(今村夏子)の次に読む本

あらすじ

両親と姉のまーちゃんと暮らす主人公・ちひろ。未熟児で生まれ、頻繁に体調を崩す幼いちひろの姿に、両親はすがるような気持ちで『金星のめぐみ』という何にでも効く水を頼るようになります。そして家族は「宗教」にのめり込んでいくのです。ちょっと周囲とは違う両親の姿と、友人や好きな人に囲まれて生きる日常の間で心が揺れ動く女子中学生の物語。

はつゑ

映画化で話題の原作ということもあって手に取りました。ちひろの周りで起きる一つ一つの出来事に「信じる」って何なのだろう・・・と頭の片隅に疑問が浮かび続けていました。

次に読む本

怒り/吉田修一

若い夫婦が殺害された現場には血文字の「怒」が残されていました。目撃情報から作成されたモンタージュ写真と共に公開された殺人犯「山神一也」。捜査は難航し、事件から1年以上の月日が経ってしまう。そんな中、港町で暮らす親子・東京で働くゲイの青年・沖縄の離島で暮らす少女、彼ら彼女らの前にそれぞれ身元不詳の男が現れます。やがて、目の前の男たちと殺人犯を重ね合わせていくのです。

はつゑ

『星の子』の「…ぼくは、ぼくの好きな人が信じるものを、一緒に信じたいです。」を目にしたとき、その言葉を反芻すると同時に、以前にも「信じる」を考えさせられたこの作品を読みたいと思いました。「信じる」の反対に位置すると思っていた「信じられない」「疑ってしまう」という行為が、本当は「信じる」という行為そのもなのかもしれない。人間の心情を肌で感じることのできる作品をぜひ味わってください。

この記事を応援する

1日500円(+消費税)で、この記事をトップページで掲載し、目立たせることができます。広告費の一部は、レコメンド記事執筆報酬に割り当てられます。

この記事を書いた人

はつゑ

地方のしがないOLはつゑです。娯楽から人生相談まで、お供にこんな一冊いかがですか?鬱々とした学生~新卒時代、本に救われた経験をどなたかにお役立てできない模索中。。文学作品、ノンフィクション、ビジネス書、哲学書にも挑戦中です。林真理子氏の世界を味わえるようになってきたアラサー。

今週の[いいね]の多い記事