八本目の槍(今村翔吾)の次に読む本

あらすじ

天下人、秀吉配下の武将として働き、「賤ケ岳の七本槍」と名を馳せた七人の男たち。加藤清正・糟屋武則・脇坂安治・片桐且元・加藤嘉明・平野長泰・福島正則。激動の時代、それぞれの価値観で戦い続けた彼らの生涯。そして、彼らの心に鮮烈な印象を残した「八本目の槍」とは誰だったのか?

ぬぬに
ぬぬに

戦国時代ファンであれば「賤ケ岳の七本槍」はご存じかと思います。天下の趨勢が豊臣から徳川に傾いていく中で、彼らは厳しい選択を強いられました。あくまでも豊臣方につくもの、やむをえず徳川に味方するもの。その選択は様々でした。 そして、作中で「八本目の槍」として描かれる人物が示した決断がとにかく痺れる!若き日の苦労を共にした「賤ケ岳の七本槍」たちとの友情も熱く描かれ、読後には爽やかな感動が残ります。

次に読む本

大友二階崩れ(赤神諒)

豊後の戦国大名大友義鑑は嫡男の義鎮を廃嫡して、愛妾が生んだ塩市丸を世継ぎにしようと企てる。ここに、大友家を二分する内紛「大友二階崩れの変」が発生する。重臣の吉弘鑑理は、主君の非道な選択にやむを得ず従うが、それは吉弘家にとっての苦難の日々の始まりであった。

ぬぬに
ぬぬに

第9回日経小説大賞受賞作品。吉弘左近鑑理は、高橋紹雲の父であり、立花宗茂の祖父にあたる人物です。 主君への忠誠を貫くべきか、義に殉じるか、はたまた家族や家臣を第一に考えるべきか。困難な決断を迫られた兄弟が、それぞれに選んだ道とその非情な結末が描かれます。戦国の世で、望んだ生き方を貫く難しさを教えてくれる一作です。

ぬぬに
ぬぬに

今回の選択理由は「選択」です。 「八本目の槍」も「大友二階崩れ」も、登場人物たちは、家を守るために重大な選択を迫られます。 自分だけならまだしも、家族や多くの家臣の運命を背負っている以上、戦国武将は軽はずみな選択はできません。 そして勝者と敗者が生まれます。苦悩しながらも最善と信じる道を選び取る、男たちの姿が実に印象的な二作品です。

この記事を応援する

1日500円(+消費税)で、この記事をトップページで掲載し、目立たせることができます。広告費の一部は、レコメンド記事執筆報酬に割り当てられます。

この記事を書いた人

ぬぬに

書評ブログやってます。現在500冊くらい感想書きました。 オッサンの活字中毒者です。情報・通信業の非技術系社員(企画職)。Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)取得。喘息&痛風持ち。守備範囲は小説(ミステリ、エスエフ、歴史小説)、マンガ、ノンフィクション、ライトノベル、新書、ビジネス書も少々。

今週の[いいね]の多い記事