渡辺綿飴

渡辺綿飴

文筆家。平成元年生まれ。Web媒体でエッセイ・コラム・文芸時評など書いています。本と映画と博物学が好き。電子書籍より紙書籍派。4歳に最重度の言語学習障害(LD)と判明、12歳に生涯不自由と宣告、13歳に深夜お笑い番組にハマって日本語を習得、16歳に独学で完全克服。17歳からブログ運営しています。20歳を過ぎてから1か月1冊のペースで読書を始めましたが、今では1日1冊のペースで年間365冊。2020年末まで計5000冊以上の本に触れてきました。小説、漫画、新書、ビジネス書、それなりに本の知識も増えたので、こちら“繋がり”をテーマにした書評に参加した次第です。まだまだ勉強の身ですが、どうぞよろしくお願い致します。