金利が上がっても、 住宅ローンは「変動」で借りなさい――1時間でわかる「新時代のお金の常識」(塩澤 崇)の次に読む本は

あらすじ

これから住宅ローンを組んでマイホーム購入を考えている人やすでにローンを組んでいるけど借り換えを検討している人に向けて住宅ローンは変動金利で借りた方が得するということをあらゆる視点から解説している本。

ひでさわ

住宅ローンを借りる際に気をつけたいポイントや考え方、住宅ローンを組むことで得られるメリット、変動金利で借りるほうが得することが具体的な数字も出して解説されていて、納得できる内容でした。本の最後の方には住宅ローンを提供している大手銀行からネット銀行各社のそれぞれの特徴なども解説があり、これからマイホーム購入を考えている人には参考になる部分が多くてよかったです。

次に読む本

新書 誰も教えてくれなかった金持ちになるための濃ゆい理論 上念 司

経済評論家の著者がお金を守り、増やすために大切なマインドや考え方をまとめた本。

ひでさわ

幸せなお金持ちになるための考え方やマインドがわかる本。人生を長い目でみて豊かに生きていくための行動や実践したい投資や仕事について語られていてタメになりました。

マイホーム購入についても著者の経験を交えてアドバイスがされているのですが、先ほどの本とは対照的な意見で家を買うことには罠も多いと警鐘を鳴らしているのが面白かったです

おススメポイント

ひでさわ

『金利が上がっても、 住宅ローンは「変動」で借りなさい――1時間でわかる「新時代のお金の常識」』は住宅ローンを組むなら変動金利で借りようということをあらゆる角度から解説されていて勉強になるのに対して、『誰も教えてくれなかった金持ちになるための濃ゆい理論』はマイホーム購入は慎重になろうという趣旨のアドバイスがなされていて、どちらにも納得でき、経済の勉強にもなる良書だったので選びました。


Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA