「ChatGPTエフェクト」日経ビジネス (編集), 日経クロステック (編集), 日経クロストレンド (編集)の次に読む本は

あらすじ

“インターネット以来の衝撃”が変える私たちの未来
日経の専門誌記者40人が徹底解説!
経営、技術、働き方…… これ1冊で全部が分かる

公開からわずか2カ月で利用者数が1億人を超えた対話型AI(人工知能)「ChatGPT(チャットGPT)」。どのような質問にもたちどころに流ちょうな言葉でそれらしい答えを返してくれるAIはどのように生まれ、これから世界をどう変えていくのか――。

これからのビジネスや働き方を考える上で知っておきたいChatGPTのインパクトを、日経BPの専門誌記者が国内外の最前線から徹底解説しました。世界のトップを走る経営者や研究者たちの珠玉のインタビューも多数掲載。これからの世界を生き抜くための「航海図」になる1冊です。

ryotaro

突如現れたChatGPTは、我々の世界、特にIT業界に衝撃を与えました。これまでのAI技術が特定の領域でのみ有用であったのに対し、ChatGPTはその枠を大きく超え、会話の自然さと迅速さで新たな時代を切り拓いたのです。

この書籍では、ChatGPTの登場背景から、OpenAIによるリリース、そしてそれが今後社会に与える影響に至るまでを、ビジネスの視点から綿密に分析しています。2023年3月のリリースから僅か数ヶ月、ChatGPTが世間に広く認知され始めたこの時点での洞察は、特に価値があります。

MicrosoftやGoogleなどの大手企業がこの新技術にどう対応していくのか、ChatGPTを最大限に活用するためのプロンプト技術に関する知見など、多岐にわたる内容が網羅されています。

また、本書の魅力は、大学教授や著名企業のCEOなど、さまざまな立場の人々によるインタビューにもあります。彼らの独自の視点からの意見は、読者に深い洞察を与えてくれます。経済メディアが手掛けるだけあって、単なるビジネス書とは一線を画す内容です。

IT業界に携わる者はもちろん、現代を生きるすべての人々にとって、必読の書籍です。

次に読む本

「生成AIで世界はこう変わる」今井翔太

新進気鋭のAI研究者が大予測! 生成AIで変わる私たちの仕事・くらし・文化

話題の生成AI、どこまでなにができる?
AIって結局、どんなしくみで動いているの?
最新テクノロジーで私たちの仕事は奪われる?
AIで働き方や生活がどう変わるのか知りたい…

ChatGPT、Bing、Claude、Midjourney、Stable Diffusion、Adobe Firefly、Google Bard…今世紀最大ともいえる変革を全世界にもたらした、生成AI。
この時代を生きるわたしたちにとって、人工知能をはじめとする最新テクノロジー、そしてそれに伴う技術革新は、ビジネス、社会生活、娯楽など、多様な側面で個々人の人生に影響を及ぼす存在となっています。

ただでさえ変化スピードが速く、情報のキャッチアップに苦戦するテクノロジー領域。数か月後には今の状況ががらりと変わってる可能性が非常に高い…そのような状況下で、今私たちは生きています。
ホットな話題でいえば、「クリエイターはみなAIに取って代わられるのでは?」「人間にしかできない価値創造ってなに?」など、これまで当たり前だと信じて疑わなかった「労働」「お金」「日常生活」などのパラダイムシフトが起こっています。

そんな今、まさにみなさんに手に取っていただきたいのがこの1冊です。
この時代を生きる多くの方が抱いているであろう不安や疑問、そして未来への興味関心に、本書はお応えします。
本書では、AI研究の第一人者である東京大学教授・内閣府AI戦略会議座長を務める松尾豊氏の研究室所属の今井翔太氏が、生成AIで激変する世界を大予測!

とくに次のような方におすすめしたい新書です。
・わかっているようで実はちゃんとわかっていない、最新AIの技術面に興味のある方
・テクノロジーやそれによって変化する社会・仕事・生活について、最低限知っておくべき教養として身につけたい方
・研究者や教授など、学術的に正しい知識を持っていて、確固たるエビデンスに則った未来予測を話せる著者のコンテンツに惹かれる方

激動の時代を生きるすべての人にとって、これから到来する未来を生き抜くヒントと正しい技術的知識を提供します。

ryotaro

生成AIの技術は、その登場以来、驚異的な速度で進化し、私たちの世界に革新的な変化をもたらしています。本書「生成AIで世界はこう変わる」は、この変革の最前線に立つ研究者によって綴られています。
2024年1月15日に出版されており、ChatGPTの登場からわずか1年足らずでどのように生成AIが進化してきたのかが記されています。

本書では、言語モデル(LLM)から画像処理、さらにはマルチモーダルなAIまで、生成AIの進化の軌跡とその応用事例を幅広く紹介。このAIに関する歴史や技術の複雑さを、一般人にも理解しやすい形で書かれているため、研究者目線での深い洞察とともに、その内容が一般向け(ややビジネス向け)になっています。

特に興味深いのは、AIが人間の仕事に与える影響についての考察です。
AIが仕事を奪うのではなく、補完し、業務のパフォーマンスを向上させることができるという研究結果を紹介していました。その研究ではChatGPTをタスクに活用することで、知識の有無に関わらず個人のパフォーマンスが向上し、スキルの格差が小さくなったそうです。

また、本書のクライマックスとも言える松尾豊氏との対談は、AIに対する深い洞察と将来の展望を提供しており、読者にとって非常に価値のある内容となっています。

IT業界だけでなく、現代社会を生きるすべての人々にとって、生成AIがこれからの世界にどのような変化をもたらすのかを理解するための必読書です。

おススメポイント

ryotaro

現代においては絶対に無視することができない”生成AI”
この技術が今後我々の社会・世界にどう影響していくかを考えされられる本でした。

AIに仕事を奪われるのではなく、どのように使っていくか
どう向き合っていくかを知るために、読んでおいて損はない2冊です。

1冊目が2023/6、2冊目が2024/1に出版されており、その内容の違いを見ればこの短期間にいかにAIが進化して影響しているかがわかると思います。また1冊目はビジネス目線、2冊目は研究者目線と描かれ方も違うのでそれぞれから見た生成AIの進化を肌で感じて欲しいです。


Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA