『1本60円のアイスを売って会社の価値を4倍にした話 地域限定企業を再生させた経営哲学』(飯塚周一著)の次に読む本は

あらすじ

新潟の老舗製菓メーカー「セイヒョー」は、アイス「桃太郎」の製造・販売で知られている。
この本では、新任の若き社長が社内改革を断行し、2022年から時価総額を倍増させるまでの経緯を描かれている。
彼がどのように1本60円のアイスを売って成功を収めたのか、その経営哲学と成功の秘訣が明かされる。

千ちゃん

“経営哲学 “で生まれ変わった地方有限会社の変革の軌跡を深く洞察した一冊。
著者の飯塚修一さんは、「桃太郎」アイスで有名な新潟の老舗製菓メーカー、セイヒョーの若き社長として、大胆な社内改革に着手したことを語っている。
この物語では、アイスクリームを1個60円で販売することで、会社の価値を4倍にしたことが明かされる。
原点回帰、オリジナル商品の活用、資本提携やCMによる話題作りなど、戦略的な転換の証が説明されている。
本書は企業のサクセスストーリーを紹介するだけでなく、企業で求められる基本的な姿勢を強調し、読者に批判的思考を捨てないよう促している。
本書は、組織的な役割を担う個人にもよく響くと思われる。
事故や失敗の背後にある間接的な原因を深く掘り下げる必要性を強調し、しばしば基本的なプロフェッショナルとしての姿勢の欠如につながる恐れを学べた。
AIの進歩に支配された現代における「思考」の意義について、読者に熟考を促す説得力のある一冊だ。
読者には、いつか同社のアイスクリームを食べてみたいという好奇心が残り、本書が成城石井の製品への興味をかきたてるインパクトを与えている。

次に読む本

『いまあなたに必要なのは答えじゃない。問いの力だ。』(岸良裕司著)

この洞察に富んだ岸良裕司さんの本では、読者は答えを求めるのではなく、「問いの力」を育むことが奨励される。
岸さんは、絶えず進化する世界で、すべての答えを持っているよりも、正しい質問をする能力がより重要であると主張する。
一連の示唆に富む洞察と物語を通じて、読者が質問を重要視する心構えを育む方法が学べる。
この本は、質問の技術を通じて好奇心を育む道しるべとして機能し、個人的および専門的な成長に不可欠なスキルを発揮する方法を示している。

千ちゃん

本書は、正しい質問をする力に関する私の視点を深く変えた。
コンサルティング会社で働く中で、本書の洞察は非常に貴重だと感じた。
答えを見つけることよりも正しい質問をすることが重要であると再確認できたからである。
正しい答えを得るためには、そもそも“正しい問い”でなければ答えにはたどり着かないのである。
本書により、新しい理解と解決策を提示することができる質問を形成することで、複雑な状況をナビゲートするスキルを身につけることができるようになる。
問題解決スキルを向上させたい人にとっては必読の本であると感じる。

おススメポイント

千ちゃん

『1本60円のアイスを売って会社の価値を4倍にした話 地域限定企業を再生させた経営哲学』を読むと、企業が革新的な経営戦略を通じて変革を遂げた洞察を得られる。
その理解をさらに深めるために、『いまあなたに必要なのは答えじゃない。問いの力だ。』を読むことをおすすめする。
この本は岸良裕司さんによって書かれており、成功への企業の舵取りに不可欠なスキルである、正しい質問をする能力を育む重要性が説かれている。
これは『1本60円のアイスを売って会社の価値を4倍にした話 地域限定企業を再生させた経営哲学』と共感するポイントが多く、読者に批判的に考えること、問題に疑問を持つ心構えでアプローチすることを奨励している。
これは企業においては不可欠な革新と深い理解を育むことであり、非常に重要なテーマである。
この本を読むことで、ビジネス戦略と個人の成長を変える可能性のある強力なツール、問いの芸術を身につけることができると確信している。


Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA