「フリマアプリで遺品整理はじめました!」(桐丸ゆい)の次に読む本は

あらすじ

40歳独身の主人公が、祖父母の遺品整理に大苦戦。助っ人の姪っ子にフリマアプリを勧められ、初めてのフリマアプリにチャレンジする。
姪っ子にフリマアプリのノウハウを教えてもらいながら、少しずつ遺品整理をすすめる主人公。ふたりがすべての遺品を処分し終えるまでをマンガでわかりやすく伝えてくれる一冊。

むーなん

フリマアプリのノウハウがコンパクトにまとめられています。写真の撮り方や商品説明の書き方など売れやすくなるコツ。ありがちなトラブルを未然に防ぐ方法や、実際にトラブルが起こってしまったときの対処法。こうしたフリマアプリのノウハウがマンガでわかりやすく説明されています。
家中に溜め込んだ遺品の数々を売却する順番や、売却できなかった場合の処分方法も紹介されていて、遺品整理をどこから始めてよいかわからない方にもおすすめです。

次に読む本

「伊勢白山道事典 第1巻 自分で出来る感謝の先祖供養 編」(伊勢白山道)

「伊勢白山道問答集シリーズ」を7年ぶりに改訂。前作より200ページ以上増えてさらに充実。他者に頼らずに自分でできる先祖供養の方法と、霊的な仕組みを解説している。
<目次の抜粋>
第一章 「伊勢白山道」とは何か? これからの時代に大切なこと
    今までのアタリマエがなくなる時代
第二章 外のパワーに頼っても幸せにはなれません
    今までの開運法はすべて「逆」になります 
第三章 あの世へ届く感謝の先祖供養 
    先祖と子孫をつなぐ「霊線(れいせん)」とは
第四章 死後の世界について 
    ムー大陸とお盆の因縁
第五章 自殺の霊的真実 
    自殺をすると、その時の苦痛が持続する 
第六章 「床供養」と動物への供養について 
    この世の変化と土地の影響 
第七章 伊勢白山道式 先祖供養の神髄 
    先祖供養とは先祖霊を太陽へ還すこと 
第八章 結び:この世に生きる人々の希望のために 
    国も人も運気で決まります 

むーなん

2007年から続く伊勢白山道さんのブログをご存知でしょうか。精神世界のブログランキングで第1位を継続中の人気ブログです。この本は、そのブログの内容をテーマごとにまとめ、さらに加筆された内容となっています。
先祖供養を、「自分ひとりで手軽に」始められる方法は必見。「ひとりで手軽に」とはいっても、伊勢神宮と同じ仕組みの本格的な先祖供養の方法です。先祖供養は遺伝子へのケアであり、一人一人の持つ免疫力がこれからの人類にとって重要だと伊勢白山道さんは伝えています。

おススメポイント

むーなん

遺品整理をしていると、亡くなった家族との思い出がよみがえります。懐かしい楽しかった思い出と、目の前に残された大量の生活用品。人の一生とは、いったいなんなのだろうと思う瞬間でもあります。
いまは核家族化が進み、特に都会では仏壇がある家も少ないかもしれません。先祖供養なんて考えたこともなかった。そんな方にこそ、ご家族が亡くなられたときにぜひ手に取ってみてほしい本です。


Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA