カラフル(森絵都)の次に読む本

あらすじ

死んだはずの僕の前には、プラプラと名乗る天使がいた。どうやら、僕の魂は生前の罪により、輪廻のサイクルから外されたらしい。そして、そのサイクルに戻るための抽選に当選したとのこと。条件は、自殺未遂をした真という少年の身体に入り生活し、生前の罪を思い出すこと。その真は、自殺未遂をするだけあり、家族、友達、好きな子に対し、悩みを抱える10代だったーー。

松波慶次

真として生活する僕と、プラプラの会話が面白いです。しかし、真が抱える悩みは「面白い」とは言っていられない。この作品は、家族愛や友情などがぐっと心に迫る、素敵な作品です。感動を覚えるとともに、生きることが少し、楽になるかもしれません。

次に読む本

夜のピクニック(恩田陸)

甲田貴子が通っている高校には「歩行祭」と呼ばれる、夜通し80㎞の道のりを歩くという行事があった。その行事で、貴子はある賭けに出る。好きな人の話、クラスメイトとの楽しい時間。学生特有の青春話が詰まっている……だけでなく、10代特有の悩みも、胸にしまわれていた。果たして、貴子は賭けに勝つことができるのかーー。

松波慶次

「学生のうちに読んでおきたかった」。私はそう感じました。人生の中で10代は、「青春時代」と呼ばれています。しかし、その時代は甘酸っぱくて楽しいことばかりではありません。多感な時期です。10代特有の悩みがあります。その繋がりで、感動する二冊を選びました。生きることに前向きになれるように、「死」から「生」の順番でお読みください。

この記事を応援する

1日500円(+消費税)で、この記事をトップページで掲載し、目立たせることができます。広告費の一部は、レコメンド記事執筆報酬に割り当てられます。

この記事を書いた人

松波慶次

無名小説家。「好き」を仕事にするため安定した職業を放棄し、プロの小説家を目指す。 2018年11月に著書1冊目「自殺考察」を全国出版。他kindle書籍もあり。 「読書は楽しい」という輪を、広げていきたいと思います。