『WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。[第3版]』(著者:水野史土)の次に読む本

著者が課題本に提案した書籍の記事です。

あらすじ

PHPを用いてワンランク上のWordPressカスタマイズを可能にする1冊。 HTMLやCSSでWordPressをカスタマイズできるけど、イマイチPHPが分かっていない人に向けて書かれています。 本書ではWordPressのカスタマイズに必要な、PHPの知識を段階的に解説しています。

タケシ!

「コピペでなんとなくPHPを使ってきた人」や「PHPは難しそうで手を出せなかった人」が、PHPを体系的に学習するのに最適です。

また「こんな時にはPHPを使うよ!」というだけではなく、PHPの処理についてもしっかりと解説されているので、基礎を学ぶための入門書としても使えます。

次に読む本

『サイトの拡張性を飛躍的に高める WordPressプラグイン開発のバイブル』宮内 隆行 (著), 西川 伸一 (著), 岡本 渉 (著), 三好 隆之 (著)

タケシ!
タケシ!

この本は、少しばかり古い本にはなってしまうのですが、『WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。[第3版]』のように、改定を重ねてPHPの最新バージョンに対応した書籍と合わせて読むことで、十分現役で活用できますよ。


WordPressプラグインの開発方法を学べる1冊。
WordPress開発の学習本は数多くありますが、プラグイン開発をメインに扱う日本の書籍は、本書しかないと言っても過言ではありません。

プラグインを利用すると、WordPressの機能を拡張することができるので便利です。
そんなプラグイン開発に必要な知識が一通り網羅されています。

収益モデルや運用のノウハウも紹介されているので、プラグイン開発に興味がある人が持っていて損のない本です。

タケシ!

HTMLとCSS、そしてPHPが使えるようになれば、WordPressの大抵のカスタマイズはできるようになります。

次に独自のWordPressテーマを開発することも考えられますが、正直なところ優秀なテーマ既に沢山あり、エンジニアを目指さない限り自作する必要なないでしょう。

あくまでWordPressユーザーであればプラグインの開発方法を学んだ方が、より自身のサイトをカスタマイズできるようになると思います。

欲しかった機能を追加したり、既存のプラグインのちょっとしたカスタマイズが可能になります。

この記事を書いた人

タケシ!

オーディオブックと電子書籍のブログ『オーディオブックマニア』を運営しています。書評メルマガも運営中。ブログにはオーディオブックのレビューを多数掲載しています。ビジネス書や小説、ラノベなどジャンル問わずなんでも読むので守備範囲は広いです。