方丈記(鴨長明)の次に読む本

あらすじ

俗世間から隠居して小さな庵で生活した著者の記録。

前半は平安時代末期の天災・戦争などが、詳細に記述されている。後半は長明が自身の人生を振り返り、煩悩を振り切ろうとする姿を描く。

次に読む本

四畳半神話大系(森見登美彦)

mizuno
水野

方丈(1丈四方)と、四畳半とは面積が近い、ということで選んでみました。(→畳のサイズの計算)

私(主人公)と、腐れ縁の友人小津、1学年後輩の明石さんなどの大学生活を描いた物語。主人公は下鴨のアパートで四畳半の部屋に住んでいる。

短編4話が収録されており、ストーリーは異なるものの、小津に振り回される展開はほぼ同じ、という不思議なお話。

mizuno
水野

鴨長明は、下鴨神社(賀茂御祖神社)の禰宜の家系だったらしいです。「下鴨」という点でも四畳半神話大系と共通点がありますね。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

水野 史土

年100冊読む読書家。テッド・チャンの影響で最近はSF作品が多め。

著書「WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。」第3版好評発売中