星の子(今村夏子)の次に読む本

あらすじ

病弱なちひろ(主人公)の両親は、ちひろの治療のためにありとあらゆる手段を試す。行き着いたのは怪しげな宗教。「金星のめぐみ」と名付けられた水が効くらしい。

両親は信者となり、不思議な振る舞いを見せる。両親の振る舞いのせいで、ちひろは周囲から避けられることも。

宗教団体の旅行に、ちひろは両親と参加する。夜、両親と3人でさがす流れ星。

次に読む本

「超常現象」を本気で科学する(石川幹人)

幽霊・テレパシー・予知・お守りの効果・幽体離脱、などの現象について、厳密に調査しよう、という試みの本です。

実在するのかどうか?という観点に限定せず、意味があるかどうか?という観点で考えよう、するのが興味深いです。

例えば、「精霊が見ている」と思うことにより、他の人が見ていない状態でズル(ゲームでルール違反する)が少なくなる、などは精霊のような存在を考えることに意味がある、といえそうです。

mizuno
水野

「星の子」では、新興宗教を信じる両親よりも、南先生のほうが不気味に感じました。

信じたくなる、という気持ちはよくわかったので。

この記事を応援する

1日500円(+消費税)で、この記事をトップページで掲載し、目立たせることができます。広告費の一部は、レコメンド記事執筆報酬に割り当てられます。

この記事を書いた人

水野 史土

年100冊読む読書家。本屋大賞のようなエンタメ系文芸を好む。テッド・チャンの影響で最近はSF作品が多め。

本業はホームページ運用支援で、実績は月70万PV。著書は「WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。第3版」他。

今週の[いいね]の多い記事