時空旅行者の砂時計(方丈貴恵)の次に読む本

SF設定を生かした本格ミステリー。第29回鮎川哲也賞受賞作。

あらすじ

加茂(主人公)の妻は、祖先の呪いで瀕死状態。加茂は、 死野の惨劇と呼ばれる、 過去の連続殺人事件の真相を解明するため、1960年にタイムトラベルする。殺人事件の起きる直前にタイムトラベルするはずが、既に2人が殺されていた。

クローズドサークル(外と連絡の取れない閉ざされた空間)、 不可能犯罪、見立て殺人、読者への挑戦状と、いかにも本格ミステリーらしい作品。そこにタイムトラベルというSF要素をうまく絡めている。

mizuno
水野

マイスター・ホラ(ミヒャエル・エンデのモモに出てくる)は加茂に金のメガネを貸してくれませんでしたが、頑張れば自力で謎解きできる作品です。

謎解きに関するネタバレ

SF特殊設定も謎解きに関わってきますが、SFルールはきちんと説明されており、フェアなミステリーとなっています。

次に読む本

虎よ、虎よ!(アルフレッド・ベスター)

宇宙船が破壊され、一人生き残った主人公ガリー・フォイル。味方の船が近くを通りかかるも、救助してもらえなかった。フォイルは恨み・怒りを募らせ、自分を見殺しにした奴へ復讐を企てる。

mizuno
水野

時空旅行者の砂時計で、竜泉文香が読んでいた本が「虎よ、虎よ!」でした。文香が特殊な状況(加茂がタイムトラベルしてきた)をすんなりと受け入れたのは、ベスターの本を読んでいたからかもしれませんね。

この記事を応援する

1日500円(+消費税)で、この記事をトップページで掲載し、目立たせることができます。広告費の一部は、レコメンド記事執筆報酬に割り当てられます。

この記事を書いた人

水野 史土

年100冊読む読書家。本屋大賞のようなエンタメ系文芸を好む。テッド・チャンの影響で最近はSF作品が多め。

本業はホームページ運用支援で、実績は月70万PV。著書は「WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。第3版」他。

今週の[いいね]の多い記事