屍人荘の殺人(今村昌弘)の次に読む本

第27回鮎川哲也賞受賞作。デビュー作でさまざまなミステリー賞を受賞。また2018年本屋大賞にもノミネートして3位。

あらすじ

ミステリ愛好会の葉山譲と明智恭介は、謎めいた少女剣崎比留子とともに、映画研究会の夏合宿に参加する。映画研究会には脅迫状が届くなど、なにやら不穏な雰囲気。

合宿の初日に、想定外の事件が起き、外部との連絡ができないクローズド・サークル状態になる。危機的状況の中で、殺人事件が発生する。

次に読む本

medium 霊媒探偵城塚翡翠(相沢沙呼)

推理作家の香月史郎は、霊媒師の城塚翡翠の助けを借りて、様々な事件を解決する。 翡翠は死亡現場で何かが見えるというのだ。

一方で、連続殺人が行われており、犯人はまだ捕まっていない。証拠を一切残さない徹底した犯行のため、通常の捜査では逮捕に至っていない。

香月の元には、連続殺人の被害者の家族から調査依頼が入る。果たして連続殺人犯は誰なのか?

mizuno
水野

屍人荘の殺人に代表される特殊設定&ミステリーの面白い作品、mediumを推薦します。

この記事を応援する

1日500円(+消費税)で、この記事をトップページで掲載し、目立たせることができます。広告費の一部は、レコメンド記事執筆報酬に割り当てられます。

この記事を書いた人

水野 史土

年100冊読む読書家。本屋大賞のようなエンタメ系文芸を好む。テッド・チャンの影響で最近はSF作品が多め。

本業はホームページ運用支援で、実績は月70万PV。著書は「WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。第3版」他。

今週の[いいね]の多い記事