結局しつこい人がすべてを手に入れる 伊庭 正康の次に読む本

あらすじ

ネタバレを含みます。

スティーブ・ジョブス ジェフ・ベゾス イーロン・マスクなど世界的な成功者に共通することがあります。それはしつこさです。

しつこさと聞くとネガティブなイメージを持つことが多いのですが、本書では諦めない、粘り強いなどポジティブな捉え方で、いいしつこさ、やり抜く力を手に入れるためのメソッドが多数紹介されております。先述した世界的な成功者の行動や言動、を調べると共通して諦めない、根気よく続ける。要するにしつこさです。本書ではしつこさを仕組化し、習慣化することでよいしつこさを手に入れ、結果を変えるためのテクニックはもちろん、いいしつこさと悪いしつこさの判断基準やマインドセットなどがあり、とても参考になりました。

読書家コウ
読書家コウ

私のイメージでは世界的な成功者は着手主義で仮説→検証を繰り返して一定の成果が出ないと撤退するいい意味で判断能力が高く、事業のポートフォリオを試行錯誤して軌道に乗ったら集中する。その判断能力や才能、リーダーシップ能力ゆえの成功者というイメージがありました。世界的な成功者はその真逆でとにかく諦めない。

結果に対して貪欲に突き進んだ先の成功という事がとても参考になりました。本書では著者が、リクルート在籍時に飛び込み営業で邪見にされていてもしつこく諦めない。かつ嫌われないための考え方など読んでいて面白くてあっという間に読み終わっていました。ただのあきらめないための根性論ではなく、心理学、経営学など様々な分野のメソッドが紹介されていいしつこさを手に入れる参考書になると思いました。わたしもいいしつこさを手に入れて必ず成功します。

これもテクニックの一部なので本書を手に取って読んでくれると嬉しいです。

次に読む本

やり抜く人の9つの習慣 ハイディ・グラント・ハルバーソン著 林田レジリ浩文訳

ネタバレを含みます。

誰もが出来ない目標を達成した人には「才能があるから」、「向き不向きがあるから」と考えてしまいます。本書では目標達成できる人に共通する思考や行動を9つの習慣にまとめて紹介されています。目標達成するためのメソッドや目標に対する考え方が詰まっていてとても参考になります。特に引き寄せの法則のデメリットやフィードバックの頻度など目標に対して密着するのではなく、時には離れて俯瞰して考える必要性があることが勉強になりました。

読書家コウ
読書家コウ

この本は、目標達成にまつわる様々な知識や思考、行動の取り方、テクニックなど目標達成して自分を変えたい環境を変えたい、自己実現をしたい人にとても参考になります。この本の最も良い点は心理学的にも効果のあるテクニックが多数盛り込まれているのに、本が120ページも無く、すぐに読んで実践しやすい点がとても良いと思います。

目標に向かって努力している人には是非読んで欲しい1冊だと思いました。

読書家コウ
読書家コウ

結果を出すために粘り強く、諦めないいいしつこさを手に入れるためにはどのような考え方を持ち、どういうテクニックを使いいいしつこさを手に入れるための仕組化を作るなどしつこさは言い換えれば目標となります。その目標を手に入れる過程がしつこさという文章としてキャッチーなニュアンスとなっていると思いました。その目標を達成するにはどのようなテクニックやマインドセットがあるのかやり抜く人になるためのコツを紹介されており、目標にフォーカスした本です。

共通することは目標達成に向かって諦めず、思考や行動を変える事で結果を変えるという点が最も共通していると思ったのでこの2冊を選定させていただきました。

この記事を書いた人

読書家コウ

私は会社員をしており、心理学、脳科学に基づくビジネス書、健康、筋トレ、転職、起業、資産形成などの本をよく読みます。本の紹介ブログもやっており、本を読み学ぶ事の楽しさを一人でも多く発信出来るようになりたいです。

  • ブックマーク

この記事を応援する

1日550円(消費税込)で、この記事をトップページで掲載し、目立たせることができます。広告費の一部は、レコメンド記事執筆報酬に割り当てられます。