出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと(花田菜々子)の次に読む本

あらすじ

夫に別れを告げ家を飛び出し、どん底人生まっしぐらの書店員・花田菜々子。仕事もうまく行かず、疲れた毎日を送る中、願うは「もっと知らない世界を知りたい。広い世界に出て、新しい自分になって、元気になりたい」。そんな彼女が登録したのが、出会い系サイト「X」。プロフィール欄の一言は、「今のあなたにぴったりな本を一冊選んでおすすめさせていただきます」

実際に出会った人達は魑魅魍魎。今までの日常では絶対に会わなかったような人達に、毎日毎日「その人にぴったりの」本を紹介する。仕事よりもサイトのほうが楽しくなり、どんどん大人気になる菜々子。だがそこに訪れた転機とは……。「本」を通して笑って泣いた、衝撃の実録私小説!

もんちょり
もんちょり

タイトルが刺激的で思わず手に取った本作、テンポがよくサクサクと読み進められます。最初は狭い人生だと嘆いていた主人公ですが、謎の出会い系サイトに出会い、新たな試みを始めます。それは出会った人の話を聞き、その人にぴったり合う本を紹介するというものです。書店員として男女や年齢に関わらず、さまざまな人に出会い本を進めるのですが、出会う人が皆個性的でおもしろいです。読後は爽快感にあふれ、続きが読みたくなるほどでした。人との関わりを通してどんどん成長していく主人公は、1年後にはどうなっているのでしょうか。是非実際に確認してみてください。

次に読む本

文芸オタクの私が教える バズる文章教室(三宅香帆)

文章を書けるようになりたい。そもそも文章ってなんだろう?
よく分からなくなったときに、この本を読めばきっとヒントがあります。
本書は〝文才〟と言われる「すぐれた文章感覚」を、できるだけ平易な言葉を使って解説する本です。主にブログやSNSなどで日常的に、自分の考えや体験などを発信している人に役立つように書かれていますが、めったに文章を書かない人にも、これから文章を書いてみようと考えている人にも、あまり知られていない「読みたくなる文章のからくり」を楽しんでもらうことを目指しています。

もんちょり
もんちょり

著名な作家の文章を例にあげて、その文章がどう優れているのかを具体的に説明しています。と言っても、堅苦しい説明はなく、分かりやすさが特徴です。つかみや組み立て、言葉選び、文体、リズムなど、文章の感覚的なことが分かると、例文を読み返して楽しんだり、自分で書く文章にも工夫するようになりました。

いろんな文章術の本で勉強したけど、なにも変わらなかったという人に特におすすめ。なにか新しい発見があるはずです。単純に読み物としても面白いですよ。著者のマニアックな知識に脱帽です。

もんちょり
もんちょり

1冊目を読み終えると作中で紹介されている本を読んでみたくなりますが、本を構成している文章についての本も読んでみたいと思い、2冊目の本を選びました。2冊目を読むと作中で引用・抜粋されている文章の原本も読みたくなります。この世にはさまざまな本があり、その数だけさまざまな文章が存在するーー。果てしなく広がる読書の可能性に打ち震えながら、次に読む本を吟味するのはいかがでしょうか。普段自分からは手に取らなかった本や新たな本に出会えますよ。

この記事を書いた人

もんちょり

もんちょり ライターや翻訳家を目指す20代会社員。 ゆるゆるとしつつも、「広く」「深く」本を読んでいきたいです。語学(特に韓国語と英語)にも関心を持っています。よく読むのは小説、エッセイ、ビジネス書など。好きな作家は稲垣足穂、星新一、三浦しをん、向田邦子、米原万里(敬称略)。

  • ブックマーク

この記事を応援する

1日550円(消費税込)で、この記事をトップページで掲載し、目立たせることができます。広告費の一部は、レコメンド記事執筆報酬に割り当てられます。