変身(カフカ)

あらすじ

ある日、グレーゴルは巨大な虫になっていた。不気味がる家族。それでも、食事を与え、部屋の掃除をする。中でもよく世話を焼いてくれたのは妹だった。言葉も通じず、しかし思考は残っているグレーゴルとその家族は、次第に心が離れていきーー。

松波慶次

人間が虫になるという、恐ろしい話のこの作品。虫になることも恐ろしいですが、グレーゴルとその家族の心の変化が、読み終わると複雑な思いを抱かせます。長く読まれる名作とあって、心に残るものがありました。

次に読む本

人間に向いてない(黒澤いづみ)

ある日、美晴の息子、優一は虫になった。流行りの奇病、異形性変異症候群に罹ったのだ。優一を人間扱いしない父親に、元々引きこもりで親子のコミュニケーションをとれていなかった優一。美晴は、どうにかこの生活を解決しようと1人模索する。優一はどうなってしまうのか?美晴の行動は吉と出るのか?

松波慶次

「人間が虫になる」という繋がりで選びました。「人間に向いてない」に登場する「変異者」は、想像すると非常にグロテスク。人間関係もリアルにあると頷けるほどドロドロ。しかし、読後感は悪くない。「変身」で抱いた複雑な思いを、「人間に向いてない」ですっきりさせてください。

この記事を応援する

1日500円(+消費税)で、この記事をトップページで掲載し、目立たせることができます。広告費の一部は、レコメンド記事執筆報酬に割り当てられます。

今週の[いいね]の多い記事