『WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。[第3版]』(著者:水野史土)の次に読む本は、「伝える力」(池上彰)

著者が課題本に提案した書籍の記事です。

あらすじ

WordPressでブログを作成するときに活用されるPHPコード。初心者でも分かりやすく丁寧に、図解を用いながら解説してくれます。

ブログを作成する際やはりカスタマイズには時間を費やすもの。PHPコードを知ることで出来る事、やりたくなることが大幅に増える。そう感じました。

次に読む本

「伝える力」(池上彰)

2007年発刊のこの作品、仕事の様々な場面で求められる、コミュニケーション能力。「伝える」には「話す」「聞く」能力が不可欠。それらの高め方を8章に渡って解説、伝授してくれます。

発刊して直ぐに読了しましたが、今なお使える技術だと思います。続刊の「伝える力2」もあります。

伝えるって簡単のようで難しい。伝えた気になる。聞いた気になる。そんな誤解を紐解いてくれる作品です。

engekireview
engekireview

PHP入門ではカスタマイズの幅を広げてくれる参考書のような物だと思います。図解も丁寧で、独りよがりな解説ではなく、寄り添った形の本。そこで幅が広がったら今度はブログ・サイトを読んでくれる人に届けなければいけません。

そのためには何が必要か。

「伝える」技術、「文章力」ではないでしょうか。テレビや書籍で有名な池上さんの分かりやすい解説と、すぐにでも実践に生かせる内容は自分を変えてくれる一歩になると思います。

そのため、次に読む本として選んでみました。

この記事を応援する

1日500円(+消費税)で、この記事をトップページで掲載し、目立たせることができます。広告費の一部は、レコメンド記事執筆報酬に割り当てられます。

今週の[いいね]の多い記事