13階段(高野和明)の次に読む本

あらすじ

罪を犯し、刑期を経て仮釈放された三上純一は、刑務官であった南郷正二からある仕事の協力を持ちかけられる。
それは、犯行時の記憶がない死刑囚の冤罪を晴らすというものだった。
元受刑者と刑務官という一見おかしなコンビが、1人の冤罪を晴らし、命を救うためあらゆる可能性を調査する。

そして真実に辿り着いたとき、2人に待ち受けていたものはさらなる悲しい「罪」だった……。

次に読む本

死刑にいたる病(櫛木理宇)

筧井雅也は、過去の輝いていた自分と、現在の地味な大学生の自分を比較し、卑屈になっていた。そんな筧井のもとに、地元にあるパン屋で働いていた榛村大和からの手紙が届く。榛村は凄惨な連続殺人事件の犯人だったが、その手紙には「最後の1件だけは冤罪」だと書かれていた。

冤罪を晴らすための調査を依頼された筧井は、徐々に輝いていたときの自分を取り戻していく。そして明らかになる、筧井の母親の秘密や榛村の暗い生い立ち……。

果たして榛村は本当に冤罪なのか? 揺さぶられ続ける事件の真相とは⁉

松波慶次
松波慶次

「13階段」は、犯行時の記憶がない死刑囚の冤罪を晴らすというお話。「死刑にいたる病」は、連続殺人鬼の最後の1件の冤罪を晴らすというお話。どちらも、本当に冤罪なのか?実は犯人じゃないのか?と疑ってしまうサスペンス小説です。しかし相違するのは、その読後感。「13階段」で虚無感に包まれた後は、「死刑にいたる病」で底知れぬ恐怖に追いかけられてください。

この記事を応援する

1日500円(+消費税)で、この記事をトップページで掲載し、目立たせることができます。広告費の一部は、レコメンド記事執筆報酬に割り当てられます。

この記事を書いた人

松波慶次

無名小説家。「好き」を仕事にするため安定した職業を放棄し、プロの小説家を目指す。 2018年11月に著書1冊目「自殺考察」を全国出版。他kindle書籍もあり。 「読書は楽しい」という輪を、広げていきたいと思います。

今週の[いいね]の多い記事