トラックドライバーにも言わせて (橋本愛喜)の次に読む本

あらすじ

元トラックドライバーの女性ライターが、とかく悪く低く見られがちなトラックドライバーという職業についてモノ申す。

トラックがノロノロ運転、車間詰め、アイドリングしてしまう理由とは? さらに職業病や眠気対策といったトラックドライバー業界あるあるを分かりやすく紹介。

また、我々の何気ない「送料無料」や「時間帯指定」が、トラックドライバーの劣悪な労働環境を生み出す社会問題になっているとの指摘は、身につまされる。荷物を積んで、運んで、降ろす彼らが、日本の物流、便利な社会を支えている。

次に読む本

「運転」 (下野康史)

皆さんは、次の乗り物を運転したことはありますか?

  • バス、電車、ジャンボジェット
  • 潜水艦、熱気球、リニアモーターカー
  • 馬、スキージャンプ、胃カメラ(!?)

普段お世話になっている乗り物から、もはや「運転」するものなのか不明な物まで、さまざまな運転について紹介。メカ的な説明はもちろん、運転する職業という観点からのインタビューも興味深く、それぞれの責任感や誇り、楽しみが伝わってくる。

トラック、バス、電車、船、飛行機…社会にはさまざまな運転手が働いていて、ただ運転しているだけでなく、人や物を安全に計画的に運ぶという使命を全うしています。読書を通じて、幅広い職業観が養えるといいですね。

この記事を書いた人

仕事はエンジニア、趣味は旅行・鉄道・自転車、そして読書です。仕事に役立つ知識・スキルを得るための 理工書・ビジネス書から、違う人生観を体得できる小説・自己啓発書まで、幅広く読んでいます。

いいねの多い記事