著者のための本の宣伝方法: 書評広告

本を宣伝したい著者の方へ。当サイトでは、書評レビューの課題本を毎月設定しています。この課題本に、ご自身の執筆した本を提案することができます。当サイトの課題本が増刷された実績もあります。

本を売る努力の必要性

ベストセラー作家の勝間和代さんが、ご自身の著書「起きていることはすべて正しい」

本を作るときの5倍、売る努力をする

と書いていたのが印象に残っています。書籍は読者の手に届いてこそ価値がある、ということなのでしょうね。

宣伝方法は?広告を出す?

本の広告を出すことを推奨しているサイト・記事があります。→印税を広告宣伝費に回し、初速をつけて本を増刷・重版させる重要性。この記事を書いた深井良祐氏は、本を何冊も執筆している他、ポータルサイト運営など集客にも詳しい方です。

新聞広告に追加でネット広告

深井氏によると、新聞広告ですと、全国紙で30万〜、地方紙で15万〜だそうです。

本の印税はもう少し多く貰えるはずですから、もう少し予算を取って、ネット広告も出して著書を宣伝してみてはいかがでしょうか。

ブックレコメンドで本の宣伝ができます

当サイト「ブックレコメンド」でも本の宣伝ができます。

新聞広告は短期ですが、課題本の掲載期間は二ヶ月と長めです。
寄稿されたレビュー記事は課題本期間終了後も残ります。

じわじわ広がるタイプの宣伝方法ですね。新聞広告と合わせると効果が高そうですね。

  • 毎月18日迄にお申込み
  • 翌月1日から翌々月末まで、課題本に掲載
  • 寄稿されたものから順に、レビュー記事を掲載

本日日にお申込みいただいた場合

  • 月1日から月末まで、課題本に掲載
  • 寄稿されたものから順に、レビュー記事を掲載

ブックレコメンドでの宣伝は、課題本に掲載&レビュー記事掲載と二度おいしい宣伝です。6万6,000円(消費税10%込)でご利用いただけます。

オプション:一万円贈呈課題本

オプションで一万円贈呈課題本にすることができます。

  • レビューに一万円を贈呈します。(最大2件。3件以上の場合は、依頼者にお選びいただけます。)
  • 一万円贈呈課題本に関するツイートを、弊社のツイッターアカウントでリツイートします。(最大で10件程度)

リツイートした例は↓をごらんください。

オプション料金は消費税込1万1,000円です。

レビュアーの報酬料金(消費税10%込)
通常のレビュー報酬66,000円
通常のレビュー報酬+一万円贈呈(最大2件)77,000円

お支払い

下記口座まで銀行振込願います。(振込手数料はご負担ください。)
三菱UFJ銀行 犬山支店 0125183 レスキューワーク(カ

掲載開始の前月18日まで(18日が休業日の場合は直前の営業日)にお支払いください。
※依頼主が法人の場合は請求書支払い(申し込みの翌月末支払い)可

著者本人・当メディア寄稿者の申し込みの特典

著者本人・当メディア寄稿者から課題本提案の場合、提案された課題本を5冊プレゼントするキャンペーンを、ツイッターで行います。(1冊2,000円以内の書籍は5冊。1冊2,000円を超える場合は、1万円を超えない範囲。)

→申し込みは課題本提案フォームからどうぞ。

一万円贈呈課題本に提案された書籍

2022年5・6月

2022年6月末までにレビュー寄稿で一万円獲得(最大2名。寄稿者多数の場合は2名を選定)

2021年8・9月

一万円贈呈されたレビューは下記2件です。

2020年6月

第三版まで改定されているロングセラー本です。

「WordPress ユーザーのための PHP入門」は、課題本に設定してから2カ月後に増刷が決定しました。

一万円贈呈対象のレビューは下記2件です。

書籍が増刷されれば、広告費以上の収益になります。

当ウェブメディアは、課題本が増刷となった実績があります。ぜひご利用ください。印税計算式はこちらをごらんください。

利用者の声

mizuno
水野

ブックレコメンドに宣伝依頼したおかげで、著書が増刷されました。とても嬉しいです。