どうかこの声が、あなたに届きますように(浅葉なつ)の次に読む本

あらすじ

地下アイドルをやっていた小松奈々子が名前(小松夏海)を変えてラジオパーソナリティーを始める話。

ラジオは12秒音が流れないと自動で音楽が流れるようになっている。夏海は初回の放送で「10秒くらいだまってやろうか」と後に「伝説の10秒回」と呼ばれる理由となった発言をする。新人ラジオパーソナリティーの成長と夏海の「声」に救われたり影響を受けたりする人々の話。

一番センター駿太

ラジオはほとんど触れることなく生きてきましたが「ラジオって良いな」と思わせてくれる一冊でした。

次に読む本

一番センター駿太

「言葉」を武器にする仕事つながりということで選びました。

本日は、お日柄もよく 原田マハ

二ノ宮こと葉は密かに片思いをしていた幼馴染の結婚式で「素晴らしいスピーチ」に感動する。そのスピーチをした久遠久美は「伝説のスピーチライター」と呼ばれていた。

こと葉は衝撃を受けて、久遠久美に弟子入りをする。「言葉の修行」を始め、後に幼馴染の選挙を手伝うことになる。

言葉のスペシャリスト(天才)が多く出てきて真剣勝負をする。正々堂々の勝負で読み終わると清々しさを感じることが出来る。 そして、スピーチの勉強にもなる一冊

一番センター駿太

言葉のスペシャリストの共演。そしてそのスペシャリスト達に認められた「驚異の新人」ということで凄まじい世界を見ることが出来ます。

この記事を応援する

1日500円(+消費税)で、この記事をトップページで掲載し、目立たせることができます。広告費の一部は、レコメンド記事執筆報酬に割り当てられます。

この記事を書いた人

一番センター駿太

2020年1月から「読書好きのオリックスファンブログ」を開設しました。 その名の通り読書が好きなオリックスファンです。 ブログでは本や映画の紹介、オリックス(プロ野球)のこと、お金の勉強のことについて記事を書いています。