サラダ記念日(俵万智)の次に読む本

あらすじ

歌人、俵万智の短歌を収録した詩集。タイトルは代表作の一部をとったもの。

現実を切り取った短歌っぽいが、実際にはサラダではなかったらしい。

mizuno
水野

なにげない日常を、上手く題材にして、短歌にまとめているのが見事です。

次に読む本

54字の物語(氏田雄介)

9文字×6行という、すごく短い物語を集めた書籍です。1つのストーリーが54文字と短いのでオチが分かりにくいものもあります。次のページの解説で、なるほど、と思うこともあります。

2020年1月時点で、第4弾まで出版されています。不定期に「54字の文学賞」が開催され、評価の高い作品は書籍に収録されます。

mizuno
水野

ショートショートを追求すると、短歌だったり、54字の物語だったり、といった形になるのでしょう。

一つ一つは短い作品ですが、オチもしっかりしていて楽しめます。

この記事を応援する

1日500円(+消費税)で、この記事をトップページで掲載し、目立たせることができます。広告費の一部は、レコメンド記事執筆報酬に割り当てられます。

今週の[いいね]の多い記事